若林天満宮

梅には遅いし桜には早いな?と歩いていたら歩道橋の上からピンクの境内が見えた。梅は散っていたけれど白とピンクの花びらで覆われた神社だった。いつもは横断歩道を渡る環七で、どうして歩道橋を渡ろうとしたのか?梅の精に呼ばれたのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。