三内丸山遺跡

この近くにある青森県立美術館に行きたかったところ、ちょうど展示の切り替えで休館中だったため、こちらの遺跡にいったのだ。

着いたらボランティアのガイドツアーに、参加することができた。なんの知識ももたないままだったので運がよかった。

このころちょうど、三内丸山遺跡を世界遺産へ申請しているニュースが報じられていた。わらぶきの住居跡と、おまつりに使ったであろううやぐら、まさにこの風景が遺跡のシンボルらしい。

行きはよくわからずタクシーを使ったが、帰りは美術館の案内でバスにのることができた。ねぶたん号、この人がねぶたん?腰まわりにマグロの握り鮨をくっつけているように見える。
地元のひとに聞いたら、ねぶたのなにか、ということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。