「Traveling 8 / 旅しないカメラ」Place M

Place Mでのグループ展、ここでは実験的な展示ができる。
私にとって初めてのモノクロで、2枚づつ組み合わせて3つのフレームを展示してみた。

展示中にワークショップがあって、おたがいに好きな写真を選んだり、瀬戸先生の講評があるのがいい。モノクロってかっこいいイメージがあるものの、自分でやってみようとすると難しい。カラーが当たりまえの今、どうしてモノクロにするのか?理由が必要になってくる。

それに、どうしたって淋しい。
私が感じている色の世界を、やはり色で表現したい。

夜の写真学校 生徒と卒業生によるグループ展

人生が旅のようなものならば、日々、
旅先のようにカメラを手に写真を撮りたい。
いや、「旅」と限りなく似たこの「人生」こそ、
今すぐ撮らなければならない。
旅は、日常から一瞬浮遊し、
もう一つの日常へと滑り込んでゆく。
この使い古された「日常」という言葉に、
もし幾つもの異なる次元/時空間があるなら、
写真はそこを軽々と飛び越えてゆくことだろう。

もはや、写真は誰のモノでもなく、
ただ、人類みんなの記憶の中に埋もれているのだ。

ギャラリー<Place M>瀬戸正人

Traveling 8 / 旅しないカメラ
2020.3.2(月)~3.8(日)12:00~19:00
Place M(入場無料)新宿御苑大木戸門ちかく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。