代田の丘の61号鉄塔

よくある鉄塔に見えながら、ここだけ世田谷区の地域風景資産らしいのだ。
昭和元年に建てられ、鉄塔の下には詩人の萩原朔太郎が住んでいたという。
萩原朔太郎は鉄塔が好きで、わざわざここに家を建て、詩のなかにもこの鉄塔がでてくるという。

もう100年近くも使われているんだ。
腕が6本あるのは、鉄塔としてが大きめのようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。